世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

骨格ナチュラル向けのダイエットを知ってキレイにやせよう!

2021.07.26

ダイエット

最近、ファッション雑誌などでよく目にするワードのひとつが「骨格診断」です。自分の骨格タイプに合わせたコーディネートをすることがスタイルアップに欠かせないといわれていますが、実はダイエットも骨格タイプ別に向いている方法があるのをご存じですか。

この記事では、骨格ナチュラルと診断された方向けのダイエット方法と注意点を紹介します。自分の骨格タイプに合わせたダイエットを行って、スムーズなウェイトダウンを目指しましょう。

この記事は約4分9秒で読み終わります。

 

骨格ナチュラルはどんな体型?

 

骨格診断では、ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3つのタイプに診断されます。

 

この中でも骨格ナチュラルに診断された人に多い特徴は以下のとおりです。

 

・骨格がしっかりしている
・鎖骨や背中の骨が目立つ
・筋肉や脂肪より骨や筋を感じさせる体型
・体の重心に偏りがない
・ヒップラインが平面で四角
・すねが太く膝の皿が目立つ など

 

また骨格診断を受けたことがない方で上記の特徴に当てはまる点が多いなら、骨格ナチュラルの可能性が高いといえます。

 
 

骨格ナチュラルのダイエットの注意点

 

骨格タイプによって太り方が異なるため、痩せたいなら骨格タイプに合ったダイエットを実践することが大切です。ここからは、骨格ナチュラルの人がダイエットをする際に気を付けたい点をみていきましょう。

 

全体的に太る骨格ナチュラル

 

骨格ナチュラルは、骨格がしっかりとしていて脂肪がつきやすい部位がないため、どちらかというと痩せやすい傾向にあります。

 

とはいえ、太らないわけではありません。骨格ナチュラルでも太ることはあります。ただし、骨格ストレートは上半身に肉が付きやすく、骨格ウェーブは下半身に脂肪が付きやすい傾向があるのに対し、骨格ナチュラルは太り方に目立った特徴はありません。

 

骨格ナチュラルの人が太るときは、どこか一部が太るのではなく、全体的に太ることが多いです。そのため、周りからは体が大きくなったように見え、太ったと認識されないこともしばしばあります。

 

やせすぎると骨や筋感が目立つ

 

下半身だけ、上半身だけというように部分的に太るのではなく、全体的にバランス良く脂肪が付くことが多い骨格ナチュラルは、ダイエットを頑張ると痩せやすいのが特徴です。

 

しかし、やせすぎには注意しましょう。もともと骨や筋が目立つ骨格ナチュラルタイプは、やせすぎると余計に骨や筋が目立つようになりがちです。そのため、女性らしい丸みを帯びた体から離れてしまい、男性的な体型になってしまうこともあります。

 

やせすぎによる骨や筋を目立たせないためにも、ダイエット中はトレーニングを行って適度に筋肉を付けるのがおすすめです。

 
 

骨格ナチュラルにおすすめのダイエット法

 

骨格がしっかりとして、体の凹凸があまり感じられない骨格ナチュラルに適したダイエット方法を紹介します。理想の体型を目指してダイエットを頑張りましょう。

 

骨格ナチュラルにおすすめのシェイプアップ

 

骨格ナチュラルは全体的に太る傾向にあるので、全身を使うシェイプアップがおすすめです。痩せるためには有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて行いましょう。

 

おすすめのトレーニング方法とポイントを紹介しますので、実践してみてください。

 

・ランニングやウォーキング

 

付いた脂肪を燃焼させるために行いたいのが有酸素運動です。ランニングやウォーキングは、全身を動かす有酸素運動なので、脂肪が全身にまんべんなく付いている骨格ナチュラルにおすすめの運動といえます。

 

定期的にスポーツを行うなどして体を動かしている方はランニング、日頃あまり体を動かしていない方はウォーキングから始めるのが良いでしょう。

 

ランニングのほうが筋肉への負荷が大きいので消費するカロリーは高くなりますが、運動の習慣がない方がいきなりランニングに取り組むと継続できない可能性があります。まずはウォーキングで体を慣らして、ある程度体力に自信が付いてからランニングにチャレンジするのがおすすめです。

 

いずれの場合も30分間くらい継続して行うのが理想ですが、最初のうちは無理せず、継続するのを目標にすると良いでしょう。時間にこだわりすぎると、辛くなって継続できなくなるかもしれません。

 

・スクワット

 

有酸素運動とあわせて行いたいのが筋トレなどの無酸素運動です。特に骨格ナチュラルの方は筋肉が落ちやすく付きにくい傾向があるので、筋トレを行って筋肉を鍛えることがダイエットの成功には欠かせません。

 

スクワットは、おしりや太もも、ふくらはぎ、背中など体の中でも大きな筋肉を全体的に鍛えられるので、基礎代謝アップにおすすめです。

 

スクワットのやり方を解説します。

 

1.背筋をまっすぐに伸ばした姿勢で、足を肩幅程度に開いて立つ。
2.お尻を後ろに突き出すような感じで腰をゆっくりと落とす
3.太ももが床と平行になるくらいまで腰を落としたら、ゆっくりと元の姿勢に戻す
4.2~3を15回行う

 

15回を1セットとし、休憩を入れつつ2~3セットを目安に行いましょう。

 

スクワットを行うときのポイントは、勢いをつけずにゆっくりと腰を上げ下ろしすることです。使う筋肉を意識すると、効率良く鍛えることができます。また、無理すると続きにくいので、最初は休みながら2セットくらいを目標に行い、慣れてきたら回数やセット数を増やすようにするのがおすすめです。

 

・おしりのトレーニング

 

骨格ナチュラルはヒップが平面的になりやすいので、おしりのトレーニングを行って立体感を作りましょう。

 

おしりを鍛えるのにおすすめのトレーニングを紹介します。

 

1.ヨガマットなどを敷いた床に四つん這いになる
2.お腹に力を入れて、右足を床から離してまっすぐに伸ばし、床と平行になるようにゆっくりと上げる
3.右足を上げたまま10秒間キープする
4.3の姿勢のまま左手を床から離して、床と平行になるようにまっすぐに伸ばす
5.4の姿勢のまま10秒間キープする
6.少し休んだら4の姿勢に戻り、今度は膝を曲げて10秒間キープする
7.2~6の動きを今度は左足を上げて行う

 

おしりのトレーニングは、呼吸を止めずに行いましょう。また、おしりの筋肉に負荷がかかっているのを意識しながら行うのがコツです。

 

筋トレ後はストレッチやマッサージを忘れずに

 

筋トレ後は、ストレッチやマッサージを忘れずに行いましょう。ストレッチやマッサージは、筋肉痛の予防につながります。血流がアップすることで筋肉の疲労回復にもつながりますから、筋トレの後にはしっかりと行ってください。

 

骨格ナチュラルは、筋肉が付いて太ると筋肉太りのようになりやすいのが難点です。ストレッチやマッサージを行って硬くなった筋肉をほぐすことは、柔らかくて女性らしい筋肉づくりの助けになる点からもおすすめです。また、リンパや血液の流れを促進できるため、老廃物や余分な水分の滞りを改善し、サイズダウンにもつながります。

 

骨格ナチュラルの食事のポイント

 

痩せたい気持ちが強いと、極端な食事制限をしてしまいがちですが、ダイエット中も栄養バランスの良い食事を心がけましょう。極端に食事を減らすと、脂肪だけでなく筋肉まで落ちる可能性があります。特に骨格ナチュラルの人は筋肉が落ちやすく、付きにくい傾向にあるため、食事量を減らすと筋肉量が減るリスクが高いので注意が必要です。

 

体のバランスを見て、筋肉量が少ない人はたんぱく質を意識して摂りましょう。卵や肉、魚、乳製品、大豆製品などにはたんぱく質が豊富に含まれているので、毎回の食事で摂るように心がけてみてはいかがでしょうか。また、おやつにはプロテインバーやチーズ、ヨーグルトなど、たんぱく質が含まれているものを食べるようにするのもおすすめです。

 
 

まとめ

 

自分の骨格に合ったダイエットをすることで、ダイエットの効果が出やすくなります。骨格ナチュラルの方は、この記事で紹介したダイエット方法を試してみてくださいね。

 

また、思いつくダイエットを実践したものの、「うまくいっているか不安」「なかなか効果が実感できない」といった方は、エステで相談してみてはいかがでしょうか。そうすれば、自分の骨格タイプに合ったダイエット法をアドバイスしてもらえます。また、プロからの施術を受けることで、よりスピーディに理想のボディに近づけることでしょう。

 

RELATED POSTS 関連記事