世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

手っ取り早くすぐに痩せたい!ズボラ女子さんのダイエット

2019.11.28

ダイエット

今すぐ手っ取り早く痩せたい!という方必見の、ズボラ女子におすすめのダイエット法をまとめてみました。食事や運動など明日から始められる方法だけでなく、エステなど様々な方法についてご紹介いたします。

この記事は約5分38秒で読み終わります。

 

手っ取り早く痩せたいなら

 

まずは、手っ取り早く体重を減らして痩せたいという方におすすめの方法からご紹介。

 

食事制限で糖質を調整

 

体重を減らすためには食べないのが一番!と思う方も多いかもしれませんが、それは絶対にNG。一日に必要なカロリーを摂取することができないと、人間の体はカロリー消費を抑えるようになるので、いわゆる代謝が悪い状態になってしまいます。代謝が悪くなると痩せにくくなるので、ダイエットの大敵となります。

 

そこでおすすめしたいのが「糖質制限」です。この言葉、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。炭水化物は糖質と食物繊維から成り立っており、食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにしたり、コレステロールの吸収を抑制したりするなど良い効果がありますが、糖質はそのまま栄養として吸収されます。

 

その吸収される糖質を制限することで、体重の増加を防ぐ効果が期待できます。糖質は甘いものだけでなく、前述の通り炭水化物にも含まれます。糖質制限を行う場合は、パンや麺類などの小麦製品や白米、カボチャやイモの摂取を控えるようにしましょう。

 

ただし、糖質をすべてカットするのは絶対にやめましょう。糖質は体のエネルギー源なので、必要以上に摂取量を減らしてしまうと疲れやすくなるなど不調の原因となります。そのため、白米を玄米にする、全粒粉のパンを食べるなど、質の高い糖質を適度に摂取できるように食生活を変えていくことがおすすめです。

 

運動で効率アップ

 

毎日の運動も手っ取り早く痩せるにはおすすめの方法です。

 


中でも一押しの運動が子供のころにやっていた「なわとび」です。なわとびは体脂肪の燃焼に効果的な有酸素運動であり、全身の筋肉を使って行う運動のため筋肉量をアップする効果も期待できるので代謝アップにもつながります。1日10分程度のなわとびで脂肪燃焼効果があると言われているので、ジムなどに通う時間がないという方でも挑戦しやすいことも特徴です。

 

効率的に痩せるためには、毎日継続して行うことがおすすめですが、久しぶりになわとびをすると、思いのほか体力を使うことに気づくかもしれません。そのときは、1日おきにしてみて、慣れてきたら毎日行うようにしてみてください。

 

次に、走ることも手っ取り早く痩せるにはおすすめのダイエット法です。走ることで脂肪をエネルギーに変え、さらに全身の脂肪燃焼が期待できます。また、走ることで体が温かくなって汗もかくため、むくみの解消も期待できます。むくみやすい脚や腕などのサイズダウンはもちろん、むくみが原因の顔痩せにも効果的です。

 

もしも、ジムなどに通う時間があるのなら、泳ぐことも手っ取り早く痩せるのにぴったりな運動法。浮力があるので身体への負担がかかりにくく、それでいて、水の抵抗と低めの水温によって効率の良く運動することができます。

 

手っ取り早く痩せる薬は存在しない

 

手っ取り早く痩せたい方でも、飲むだけで痩せるなど、ちょっと怪しい雰囲気のあるサプリメントには危険なので注意してください。中には腸を傷つけてしまう恐れのあるものもあり、体調不良を引き起こすなどの原因となってしまいます。

 

また、下剤を用いることもあまりおすすめできません。一度薬を使ってしまうと、便を自然に排泄する力が弱まってしまう恐れがあり、今後下剤なしでは排泄が難しい体になってしまうことも考えられます。食物繊維を摂取したり、十分な水分をとったりして食事面に気を付けるようにし、運動やストレッチなどで腸の動きを改善するように心がけてくださいね。

 
 

手っ取り早く痩せたい人が脂肪を落とす方法

 

続いて、体重ではなく手っ取り早く脂肪を落とす方法についてです。脂肪を落とすことはサイズダウンにもつながるので、目に見えて痩せたと実感しやすいのが特徴です。

 

痩身エステで気持ちよく痩せる

 

とにかく楽に、手っ取り早く痩せたいというなら、痩身エステがおすすめです。特に「ミスパリ」なら、なかなか落としにくい皮下脂肪・内臓脂肪・セルライトにアプローチする痩身法の「トリプルバーンZ」で、脂肪も体重も落とす効果が期待できます。

 

トリプルバーンZは、専用機器を使って3つの脂肪を効果的に燃焼し、寝ているだけで運動した場合と同様の効果が期待できる痩身法です。そのため、楽をして手っ取り早く痩せたいというズボラ女子にぴったりのダイエット方法です。

 

食事制限で脂質を調整

 

痩身エステはお金がちょっと…。という方は、やはり食事制限で脂質やコレステロールを調整して、手っ取り早く脂肪を落としましょう。

 

実は脂質の調整は意外と簡単で、もしも牛乳を毎日飲むのであれば低脂肪や無脂肪タイプに変えたり、肉を食べる時も脂の部分を避けたりするなど、ちょっとしたことを意識するだけでもOKです。また。バターや生クリームなどの動物性脂肪も避けるようにするのがおすすめです。

 

ただし、コレステロールが多く含まれるからと言ってたまごを食事から抜いてしまうのはNGです。たまごは豊富な栄養を含んでいるので、ダイエット中の栄養源として大切な食材となっています。

 

とはいえ、コレステロールの高い食材を摂取するときって少し不安もありますよね?そんなときは、コレステロールの排泄量を増やす目的として、きのこや野菜などの食材を一緒に摂ることがおすすめです。

 
 

手っ取り早くできるだけ早く痩せる方法

 

これまで紹介してきた方法よりも、もっと早く手っ取り早く痩せたいという方も多いかもしれません。そんな方にはこちらがおすすめです。

 

プチ断食にトライ

 

本来は「人間の体がもつ真の機能を取り戻す」ことが目的となるプチ断食ですが、食べないことで結果的に体重も減少し、ダイエット効果も期待できます。さらに、プチ断食することで体内の老廃物が排出されるため、デトックス効果も期待できます。これにより、美肌効果や便秘が改善されるだけでなく、食事習慣の改善にも役立ちます。

 

プチ断食を行う期間は自分の体調や生活環境に合わせて1~7日程度がおすすめです。プチ断食を最中は「水分を多くとる」ということを意識し、1.5L以上の水を飲むようにしましょう。

 

プチ断食中は水以外何も口にしない!という方法もありますが、野菜ジュースやハーブティーなどは口にしてもいいというマイルールを決めて挑むのもおすすめ。また、空腹に耐えられなくなったときは塩をなめると空腹を抑えられます。

 

ちなみに、プチ断食を行う際に重要なのが準備食と回復食。準備食は、プチ断食の1~2日前から徐々に食べる量を減らしていく食事のことで、朝食と昼食は普段の8割程度に抑え、プチ断食前日の夕食は普段の3割減らすのがポイントです。

 

この時、脂質やカロリーの高い食材はなるべく控えるようにして、果物や野菜中心の食事を心がけましょう。また、カフェインやアルコール、小麦、スイーツはできるだけ1~2週間前から控えることも◎。

 

プチ断食の食事は「回復食」と呼ばれ、プチ断食によって休まされている臓器を徐々に慣れさせていく効果が期待できます。プチ断食後は最低でも2~3日、消化に良いものを食べるのが大切で、中でもおすすめなのが魚中心の和食です。また、消化に優しいおかゆですが、実は糖質によってリバウンドの可能性が高くなってしまうので、注意してください。

 

また、プチ断食を行うと頭痛やだるさ、眠気などの「好転反応」を感じることがあるかもしれません。しかし、この好転反応は体が老廃物や毒素を排出するために発生しているものなので、ポジティブにとらえてグッと耐えましょう。

 

また、プチ断食を行うと頭痛やだるさ、眠気などの「好転反応」を感じることがあるかもしれません。しかし、この好転反応は体が老廃物や毒素を排出するために発生しているものなので、ポジティブにとらえてグッと耐えましょう。

 

サウナなどで汗を流すことをする

 

手っ取り早く、できるだけ早く痩せるためには汗を流すこともおすすめ。特に手っ取り早い方法がサウナです。汗をかくことで血流が良くなり、血行促進効果が期待できます。

 

また、それにより新陳代謝が活性化して、痩せやすい身体づくりにも効果を発揮するのです。

 

さらに、発汗により老廃物を排出するためデトックス効果が高く、体質改善はもちろん、美肌効果も期待できます。

 

ただし、サウナの後は体重が減っていますが、これは汗によって体の水分が排出されたことによるもの。そのため、水分を補給すれば体重は戻ってしまいますが、新陳代謝の促進などによって痩せやすい身体づくりに役立ちます。

 
 

まとめ

 

手っ取り早く痩せたい方のために様々な方法を紹介してきました。痩せたいと思ったら、まずは手軽に取り入れられる食事法や運動を試したり、痩身エステに通ったりして、美ボディを手に入れてくださいね。

 

RELATED POSTS 関連記事