世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

下半身太りを何とかしたい!びっしりとついたセルライトのダイエット方法とは

2019.10.28

ダイエット

上半身はそうでもないのに、下半身が大きい。そのため、周りから「下半身だけぽっちゃりしてるね」と思われていないか不安という人は少なくありません。なかには、下半身太りから脱出するためにダイエットを頑張っているのに、なかなか成果が見られないという人もいます。どうすれば下半身太りから脱出することができるのでしょうか?

この記事は約4分8秒で読み終わります。

 

下半身太りの元になる食べ物 って?

 

下半身太りは体質のせいだと思っている人は少なくありませんが、実は日頃何気なく食べている食べ物が原因ということもあります。下半身太りの元になる食べ物を紹介していきますので、習慣的に食べていないかどうかチェックしてみましょう。

 

白砂糖

 

「甘いものが好き」という人が多く摂っている白砂糖。白砂糖をそのまま食べるということはないにしても、白砂糖をたっぷりと使ったスイーツや飲み物を摂る習慣がある人は要注意です。

 

白砂糖を摂ると、体内の血糖値が急激に上がります。急激に血糖値が上がると、今度は急激に血糖値が下がるため、「また食べたい!」と脳が食べ物を欲するようになります。その結果、食欲が増し、食べすぎてしまうことに。結果として、ダイエットには悪循環になってしまうのです。

 

マーガリン

 

菓子パン、ケーキ、お菓子などに多く含まれるマーガリン。バターよりも安い、植物性なのでからだに良さそう、柔らかくて扱いやすい、といった理由から、マーガリンを好んで使っているという人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、マーガリンも下半身太りの原因となることがあります。

 

マーガリンに含まれているトランス脂肪酸は、血液中の善玉コレステロールを減らして、悪玉コレステロールを増やします

 

血液がドロドロになると、血液の流れが悪くなりますから、代謝が落ち、下半身太りになりやすくなる可能性があります。菓子パンやケーキを食べる習慣があるなら、それが下半身太りの原因かもしれません。

 

塩分の高い食事

 

塩分を摂りすぎると、血液の濃度を保とうとするために、水分が欲しくなります。通常、水を飲むと体外に排出されますが、塩分を摂りすぎた場合は、そうはいきません。

 

血液中の塩分の濃度を薄めるために、からだが水分の排出をやめるので、飲んだ水が体内に留まります。結果として、むくんでしまうのです。

 

下半身太りの原因がむくみからくることは多いので、下半身をすっきりとさせたいなら、塩分の高い食事は避けましょう。外食が多い人、インスタント食品を習慣的に食べている人は要注意です。インスタント食品は塩分が多いので、なるべく食べないようにしましょう。

 

下半身太り解消に良いダイエット食品とは?

 

ダイエットというと、「食べない」というイメージが強いですが、食べないだけでは効果的に痩せることはできません。食べ物の中には、下半身太りから脱出するサポートをしてくれる食材もあるので、積極的に食べていきたいものです。

 

下半身太りの元となる食べ物について知るだけでなく、下半身太りを解消するために積極的に食べたい食材についても学んでおきましょう。

 

積極的に食べたい食材

 

ダイエット中は、ビタミンなどの栄養分が不足してしまいがちです。効率良く下半身を解消したいなら、からだに必要なビタミンや食物繊維、ミネラルなどを含む食材を意識的に摂るようにしましょう。以下に挙げる食材は、ダイエットのサポートをしてくれます。

 

・ワカメなどの海藻類
海藻類はむくみの改善に良いとされるカリウムが豊富に含まれています。また、ミネラルや食物繊維が豊富です。

 

・きのこ類
低カロリーなのでダイエット食に良いとされているきのこ類。食物繊維が豊富で、ダイエット中の便秘防止にも摂りたいものです。また、きのこ類にはキノコキトサンという成分が含まれており、脂肪を取り込んで、体内に吸収されるのを防ぐ働きがあるといわれています。

 

・納豆
ダイエット中はたんぱく質が不足しがちですが、納豆には良質なたんぱく質が含まれているので、積極的に食べたい食材のひとつ。ビタミンEが豊富であるため、代謝促進のためにも食べることをおすすめします。

 

・ホウレンソウ
ビタミン、鉄分、カリウムが豊富なホウレンソウも積極的に食べたい食材です。サッと茹でてお浸しにしても良いですし、和食、洋食、どちらにも合うので、使い勝手が良い食材といえるでしょう。

 

・アーモンド
カロリーが高いのでダイエット中は敬遠されがちなアーモンドですが、下半身デブ解消のためには食べたい食材です。アーモンドにはビタミンEのほか、良質な脂質も豊富に含まれています。ダイエット中は脂質が不足しがちですが、健康維持のためには必要なものなので、積極的に補いましょう。

 

食べすぎなければgood食品

 

下半身太りから脱出するために、積極的に食べたい食材もあれば、食べるのを控えたほうが良い食材もあります。以下に挙げる食材は、ダイエットのサポートになる食材ですが、食べすぎると太る原因になってしまうので、食べすぎないように注意しましょう。

 

・さつまいも 
さつまいもは、カリウムが豊富なのでむくみ予防に良い食材です。また食物繊維が豊富なので、ダイエット中の便秘解消にも良いとされています。ただし、糖質が高いので食べすぎには気をつけましょう。

 

・かぼちゃ
ダイエット時にかかせないBカロテンが豊富ですし、血行を良くするとされるビタミンEも豊富です。しかし、さつまいもと同様に糖質が高いので、食べすぎないようにしてください。

 

・アボカド
ビタミンEと良質な脂質を含んでいるため、ダイエット中には食べたい食材です。美肌にも良いとされていて、スーパーモデルの多くが好んで食べていることでも知られています。ただし、脂質は高いので摂りすぎには注意しましょう。

 

下半身太りにおすすめするダイエット運動

 

下半身太りを解消したいなら、食事に気をつけるとともに運動をしましょう。「飽きやすい」「辛いのは苦手」という人でも続けやすいダイエット方法をご紹介します。

 

楽だから続けやすい!足パカエクササイズ

 

太ももの内側の筋肉を鍛えるのに役立つエクササイズ。仰向けの姿勢で楽にできるので、ハードな運動が苦手な方にもおすすめです。

 

1.仰向けに寝転がり、両脚をくっつけたまま床と垂直になるように、90度くらいに持ち上げます。

 

2.両脚を左右に開き、閉じます。

 

3.これを20回で1セットとし、2セット行います。

 

リンパマッサージ

 

リンパマッサージも、下半身太りを解消するためにはおすすめです。

 

足の裏から膝、膝から太ももに向け、リンパに沿って丁寧にマッサージを行いましょう太ももの部分はセルライトをつぶすようにマッサージしていくのがポイントです。

 

お風呂上りなど血行が良くなったあとに行うと、さらに効果が期待できますよ。

 

エステマッサージ

 

下半身太りを解消するためにダイエットや運動をしても、下半身は痩せずに上半身が痩せていくということがあります。セルフケアでは、下半身だけといった部分痩せはなかなか難しいのが実情です。

 

効率良く下半身痩せを実現させたいなら、エステなどプロの手を借りるのがおすすめです。ミスパリでは、「足痩せ集中トリートメント」など気になる部分だけを痩せたいという願いを叶えるコースをご用意しています。下半身太りを解消したいなら、ミスパリにご相談ください

 

ヨガなどの有酸素運動

 

ヨガなどの有酸素運動も試す価値があります。最近では、YouTubeなどでヨガインストラクターがアップする下半身向けダイエットの動画がいくつも投稿されていますので、わざわざジムに通う必要もありません。自宅でヨガをするスペースがとれるなら、やってみましょう!

 

まとめ

 

下半身太りを解消するための方法についてお話しました。ダイエットを成功させるためには、下半身太りの原因となる食材を避けて、ダイエットをサポートする食材を積極的に食べるようにしましょう。また、こちらでご紹介したエクササイズやマッサージなどもおすすめです。

 

セルフでのケアが難しいと感じるなら、プロの手を借りるのもひとつの方法。エステでプロからのトリートメントを受ければ、理想のボディを手に入れるのも夢ではありません!

 

RELATED POSTS 関連記事