世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

目指すは美脚!太もものセルライトを退治する方法をご紹介!

2019.06.14

ダイエット

太ももについた憎きセルライト。頑張って足痩せしても、セルライトだけは取れないということはよくありますよね。セルライトがあると、それだけで美脚からは遠ざかってしまうので何とかしたいものです。どうすれば太ももについたセルライトを退治することができるのでしょうか。

この記事は約4分34秒で読み終わります。

 

太ももにセルライトがついてしまう原因

 

セルライトがつくと、肌表面がオレンジの皮のように凸凹になります。一度、太ももについてしまったセルライトは、落とそうと思ってもなかなか落ちないのでやっかいです。

 

でも、そもそも太ももにセルライトがついてしまうのは、なぜなのでしょうか?

 

偏った食生活

 

偏った食生活を続けていると、太ももにセルライトがつきやすくなります。甘いものが好きで、チョコレートやアイスクリームなどを習慣的に食べている人、またスナック菓子をよく食べている人は要注意です。

 

脂質や糖質をよく摂ると、血液がドロドロになってしまいます。そうすると、血液の流れが悪くなり、太ももなどにセルライトがつきやすくなるのです。

 

運動不足

 

加齢とともに筋力が落ちると、基礎代謝は低下していき、脂肪が溜まりやすくなります。内臓脂肪がつきやすい男性に対して女性は皮下脂肪がつきやすく、しかも皮下脂肪は下半身につきやすいのが特徴です。

 

下半身に皮下脂肪がつくと、むくみやすくなって余分な水分や老廃物が溜まりやすくなります。結果として、太ももにセルライトがついてしまうのです。

 

睡眠不足

 

睡眠不足とセルライトとは関係がなく思えるかもしれませんが、睡眠不足が続くとセルライトがつきやすくなります。

 

というのは、睡眠不足は自律神経の乱れを招くからです。自律神経が乱れると、血管が収縮して血液の流れが悪くなり、結果として身体を冷やしてしまいます。身体が冷えると代謝が悪くなりますから、それもセルライトができる原因になります。

 

ストレス

 

ストレスも自律神経の乱れの原因になります。ストレスによって交感神経が優位になると、血管の収縮を招き、血液の流れが悪くなります。

 

そうすると、身体が冷え、代謝機能が低下しますから、セルライトがつきやすい身体になってしまいます。 ホルモンバランスの乱れ

 

ホルモンバランスの乱れ

 

女性は妊娠や更年期、月経などでホルモンバランスが崩れやすくなるものです。男性と比べて女性には皮下脂肪がつきやすい傾向がありますが、それには女性ホルモンのバランスが関係していることが分かっています。

 

ホルモンバランスの乱れによって、エストロゲンが過剰に分泌されると、脂肪細胞が大きくなります。そうすると、肥満の原因になりますし、セルライトがつく原因ともなるのです。

 
 

太もものセルライトを予防するためには

 

ついてしまった太もものセルライトは、簡単には落とせません。なので、できれば太ももにセルライトがつかないようにするのが一番です。

 

太もものセルライトを予防するためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。効果的な方法をみていきましょう。

 

生活習慣を改善する

 

生活習慣を改善することで、セルライトを予防することができます。具体的には、次の4つを実践してみてください。

 

・水分をたくさん摂る

 

水分をたくさん摂ると、身体の新陳代謝を上げることができるので、毒素などの身体に不要な老廃物を排出することができます。皮下脂肪組織が体内に溜まるのを予防でき、結果としてセルライトの予防にもつながります。

 

・塩分を多く摂取しない

 

塩分には水分を抱え込む性質があるので、塩分の摂り過ぎはむくみの原因になります。身体がむくむと、老廃物が溜まりやすくなるので、結果としてセルライトができやすくなります。セルライトを予防するためには、塩分の摂取を控えることが大切です。

 

・睡眠をしっかりとる

 

睡眠不足が続くと、自律神経が乱れてセルライトがつきやすい身体になってしまいます。なので、セルライト予防のためには、睡眠をしっかりととりましょう。

 

注意したいのが、睡眠の質です。睡眠時間が長かったとしても、眠りが浅かったり、夜中に何度も起きたりするようでは、良い睡眠とは言えません。睡眠の質の低下は自律神経の乱れにつながりますので、睡眠の質を良いものにすることにも気を配ってください。

 

睡眠の質を上げるためには、良い睡眠環境づくりが欠かせません。寝る前の1時間はスマホやパソコンなどの使用を避ける、照明を暗めにしてリラックスできる音楽をかける、といったことを意識して、眠りやすい環境を整えましょう。

 

・身体を動かす

 

身体を動かすと、血行が良くなりますから、新陳代謝が良くなります。また、定期的に運動することで筋肉量も増加するので、脂肪が燃焼されやすくなるというメリットもあります。結果として、セルライトの予防につながります。

 

血行を良くする

 

身体が冷えていると、血行が悪くなるので、セルライトが悪化してしまいます。セルライトの予防のためには、血行を良くするように心がけましょう。

 

血行を良くするためには、入浴をシャワーで済ませるのではなく、湯船に浸かるようにするのがおすすめです。熱いお湯に短時間浸かるよりも、温かいお湯に10~15分浸かるようにするほうが、身体が芯から温まって血行が促進されます。

 

ストレッチやツボ押しも血行促進につながるので、お風呂上がりなどの習慣にしてみてください。

 
 

太もものセルライトを除去する方法

 

太ももにセルライトがついている場合は、どうにかして除去したいものですよね。太ももについてしまったセルライトは簡単には落ちませんが、努力次第で除去も可能です。

 

運動やマッサージ

 

自力で太もものセルライトを除去する方法としては、運動やマッサージがあります。

 

太ももについた脂肪を落とすためには、カロリー消費量が多い有酸素運動が効果的です。ジョギングやウォーキング、水泳やエアロビクスといった有酸素運動を行うと、食事などで摂ったカロリーを消費し、皮下脂肪などを燃やすことができます。

 

筋肉量が増えると、代謝も良くなり、脂肪を燃焼しやすい身体になります。なので、有酸素運動に加えて、筋トレも行うようにしましょう。太もものセルライトを解消したいなら、太ももに負荷をかけるスクワットなどがおすすめです。太ももの筋肉量が増えれば、それだけ太ももの脂肪が燃焼しやすくなります。

 

運動のほかに、マッサージも効果的です。太もものセルライトが気になる部分をよく揉みほぐし、リンパの流れに沿って老廃物を排出するようにマッサージします。アロマオイルやマッサージクリームを使ってマッサージすると、よりほぐしやすいのでおすすめです。

 
 

まとめ

 

太ももについたセルライトはなかなか落ちませんが、努力次第で予防・除去は可能です。こちらでご紹介した方法を参考に、セルライトの予防・除去に努めてみてください。また、自力でのケアに限界を感じている人は、専門家の手を借りるようにおすすめします。

 

RELATED POSTS 関連記事