世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

体を引き締めたいけど食事制限と運動はしたくない!方法はあるのか!

2019.06.14

ダイエット

ダイエットの基本は、食事制限と運動ですよね。食事で摂取するカロリーよりも、運動などで消費するカロリーを増やすことができれば体重は減るものというのが一般的な考え方です。

でも、痩せたいけど、「好きなものは食べたい」「運動したくない」という人が多いのも事実。食事制限と運動抜きでも痩せることはできるのでしょうか?

この記事は約4分42秒で読み終わります。

 

運動せずに体を引き締める方法はあるの?

 

ダイエットのためにとジョギングや水泳、ジム通いなどを頑張る人は少なくありません。しかし、「運動したくない」という場合、痩せることはできないのでしょうか?

 

運動したくないけど、痩せたいという願いを叶えるためには、どんなことが必要なのかみていきましょう。

 

基礎代謝を上げて太りにくい身体に!

 

痩せたいけど、運動したくないという人は、基礎代謝を上げることを考えなければなりません。基礎代謝というのは、呼吸をしたり、心臓を動かしたり、といった生命維持のための活動を行なう中で消費するカロリーのことを言います。

 

わたし達の身体は、運動するときだけでなく、じっとしているときや寝ているときもカロリーを消費しています。この基礎代謝によるカロリー消費量は、1日に消費するカロリーの6割ないし7割にも及ぶと言われています。

 

なので、基礎代謝が高いかどうかが、痩せやすい身体であるかどうかを左右します。運動せずに痩せたいなら、基礎代謝を上げることが欠かせません。

 

基礎代謝は10代後半がピークで、年齢を重ねるごとに低下していきますから、20代よりも30代、30代よりも40代という風に年齢を重ねるにつれて痩せにくい身体になっていきます。

 

基礎代謝が低下すると、食事によって摂取したカロリーが消費されにくくなりますから、痩せたいなら基礎代謝を上げなければなりません。

 

運動せずに基礎代謝を上げる方法

 

基礎代謝を上げたいなら、運動して筋肉量を増やすことが効果的です。しかし、「痩せたいけど、運動したくない」という場合でも、基礎代謝を上げるのが不可能というわけではありません。

 

次に挙げる3つのことを心がけてみましょう

 

・たんぱく質を摂る

 

たんぱく質は、筋肉の材料になります。なので、肉や魚、大豆、豆腐や納豆などの大豆製品、卵、乳製品などを意識して摂るようにしてください。カロリーが気になる場合は、鶏の胸肉やササミなどの低カロリーかつ高たんぱく質の食材を選ぶのがおすすめです。

 

・水をたっぷり飲む

 

水をたっぷり飲むと、血液の流れが良くなって、基礎代謝が上がります。1日に2リットルを目安に意識して水を飲むようにしましょう。水を飲む際は、一度にたくさん飲むのではなく、複数回に分けて飲むのがおすすめです。水を飲み過ぎると、水中毒になることもあるので、飲みすぎには注意してください。

 

・規則正しい生活を送る

 

夜更かしをしたりして睡眠不足が続くなど不規則な生活を送っていると、自律神経が乱れて基礎代謝の低下の原因になることがあります。痩せたいなら、睡規則正しい生活を送って、基礎代謝の低下を予防することが大切です。

 
 

短期で引き締めようと思ってはいけない

 

痩せたいけど、「食べたい」「運動したくない」という場合、短期で引き締めようと思ってはいけません。短期で痩せたいと思うと、思うように痩せることができなくて挫折するか、無理なダイエットをして失敗してしまう可能性が高いからです。

 

運動せず食事だけで引き締める場合 

 

中には、運動したくないけど、食事制限ならできるという人もいるかもしれません。食事制限だけのダイエットをする場合は、食事制限に加えて運動をしている人よりも、痩せるまでに時間がかかります。なので、食事制限をしているのに思ったような効果が得られなくても、焦らないようにしましょう。

 

「早く痩せたい」と焦って極端な食事制限をすると、「食べたい」という気持ちが強くなり、ストレスが溜まります。結果として、ストレスから過食に走り、ダイエットに失敗してしまう可能性が高くなります。

 

このような失敗を避けるためには、極端な食事制限を避けることが大切です。高脂肪、高カロリーのものを避けるなどして食事の質を見直し、バランスの良い食事をするようにしましょう。

 

ダイエット中はカロリーの摂取量を気にすることから、朝ごはんを抜く人もいますが、痩せたいなら朝ごはんはきちんと食べるのがおすすめです。

 

朝ごはんを抜くと、身体が飢えを感じて「エネルギーを溜め込まないといけない」と判断してしまう可能性があるからです。

 

痩せたいなら、朝ごはんをしっかり食べるようにしましょう。

 

習慣づけることが大切

 

ダイエットは習慣づけることが大切です。食事制限をするにしても、運動するにしても、短期間でやめてしまえば、元の体型にすぐに戻ります。

 

習慣づけるためには、無理せず小さな変化から始めるようにしましょう。例えば、食事制限のダイエットをする場合は、食べたい気持ちを抑えて極端に食べる量を減らすよりも、今までやっていたご飯のお代わりをやめるといったことから始めます。揚げ物が好きだったら、焼いたり、蒸したりする調理法に変えるだけでもいいでしょう。

 

できないことを無理やりやろうとしても、続かないので習慣づけることはできません。食べたいという気持ちがあるのに、夜はスープのみにするとか、お粥のみにすると決めても、なかなか続かないのが実情です。

 

運動したくない人が、痩せたいからといって、週に3日は走ると決めたとしても、それはそれで続けるのは難しいもの。それよりも、椅子に座っているときは背もたれを使わずに腹筋を鍛えるとか、通勤時の電車の中ではつま先立ちをするなどして、ながらダイエットをするほうが続けやすいでしょう。

 

ダイエットを習慣づけて、3カ月は引き締めた体型をキープできるように努力してみてください。そうすれば、ちょっとしたことでは元の体型には戻らないはずです。

 
 

運動なしで引き締めたいならプロに任そう !

 

運動なしで痩せたいという願いは叶わないわけではありませんが、それでも食事制限と運動を併せたダイエットと比べて、効果の現れ方はゆっくりです。そのため、挫折してしまう人も少なくありません。

 

好きなものは食べたい、運動したくない、でも、痩せたいという場合は、プロにお任せしましょう。

 

パーソナルジムに行く

 

パーソナルジムでは、専門のトレーナーから食事やトレーニングメニューのアドバイスを受けることができます。

 

自分に合わせたトレーニングメニューを組んでもらえるので、運動経験や年齢に関係なく始めることができるというメリットがあります。また、身体の造りを熟知したプロによるアドバイスがもらえるので、効果が出やすいのも特長です。

 

「食事は好きなものを食べたいな」「運動は苦手だな」という人でも、トレーナーのサポートを受ければ、意外と頑張れることが少なくありません。自力で痩せるのが難しい場合は、パーソナルジムに通うことも考えてみましょう。

 
 

まとめ

 

好きなものは食べたいし、運動したくない。でも、痩せたいというワガママを叶えるためには、基礎代謝を上げることが欠かせません。基礎代謝を上げる生活を続けて、引き締めを目指しましょう。自力での引き締めが難しい場合は、プロの手を借りましょう。パーソナルジムに通えば、理想のボディに近づきやすくなるはずです。

 

RELATED POSTS 関連記事