世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

1週間で脚痩せすることは可能!?簡単にできる方法を紹介

2021.05.25

ダイエット

「脚が太いのがコンプレックス」と感じている人は多くいます。脚が太いと感じてしまうと、スカートを履く自信がもてなくなったり、ファッションの楽しみの幅も狭められたりしますよね。できれば、短期間で脚痩せを実現したいものです。

この記事では、1週間で脚痩せする方法を紹介します。簡単にできる方法なので、ぜひお試しください。

この記事は約4分14秒で読み終わります。

 

1週間で脚痩せのためにまずは太る原因を知ろう!

 

まずは、脚が太くなってしまう原因について知っておきましょう。

 

主な原因は、脂肪・むくみ・骨盤の歪みです。それぞれについて詳しく解説します。

 

・脚に脂肪がついて太くなっている

 

摂取カロリーが多い、運動不足などで、脚に脂肪がつきやすくなります。甘いものや揚げ物など高カロリーの食べ物が好きな人、運動をほとんどしない人は脂肪が原因で脚が太くなっている可能性が高いです。

 

脂肪がついていると、脚にセルライトができていることも少なくありません。セルライトができているかどうかは、太ももをつまんでひねるだけで確認できます。ひねったときに皮膚にボコボコが見られるなら、セルライトができているということです。

 

・むくみで脚が太くなっている

 

脚がむくんでいるために、太くなっている人もいます。靴下を脱いだ後もゴムの跡がしばらく消えない、1日中座りっぱなし・立ちっぱなしといった人はむくみによって脚が太くなっていることが多いです。

 

・骨盤の歪みで脚が太くなっている

 

骨盤に歪みがあると、むくみや代謝の低下につながるため、脚が太くなりやすいです。

 

・バッグをいつも同じ手で持つ
・身体の片方に重心をかけて立つ
・脚を組むクセがある
・ヒールの高い靴を履くことが多い

 

これらに当てはまる人は、骨盤が歪みやすいため、それが原因で脚が太くなっているのかもしれません。

 
 

1週間で脚痩せを目指す!エクササイズや運動法

 

太くなった脚を細くするためには、正しい方法をとることが重要です。1週間で脚痩せを目指すのに良いエクササイズや運動法を紹介します。

 

マッサージ

 

太くなった太ももを細くするためには、マッサージを行いましょう。マッサージは脂肪を揉みほぐすようにするのがコツです。

 

むくみ解消にもつながるので、毎日の習慣にしてみてください。

 

・内ももマッサージ

 

脂肪がつきやすい内もものマッサージ方法を紹介します。
1.座って両足を開脚する
2.両手の腹を使って脚の付け根を左右にグッと押す
3.体重をかけつつ両手の腹で内太ももを押していく
4.ひざ上を起点に脚の付け根に向かって移動させながら押していく
5.脚の付け根は念入りに押す
6.3~5を繰り返し行う

 

1分間を目安に内ももを押しながらマッサージしていきましょう。体重をかけつつ強めの力でグッと押していくのがコツです。

 

・外ももマッサージ

 

外ももに脂肪がつくと脚のラインがきれいに見えません。外もももしっかりとマッサージすることが大事です。
1.ひざを立てて座る
2.右ひざの皿の外側を右手で触り、親指の付け根を当てる。このとき、左手でひざ下をつかむ
3.親指の付け根を使って右ひざの外側を、グリグリと円を描くようにマッサージする
4.そのまま徐々にヒップに向かって少しずつ指を移動させていく
5.1分程度マッサージしたら、左脚も同様に行う

 

痛いと感じるほどの力をかける必要はありません。気持ち良いくらいの刺激を与えながらマッサージしていきましょう。お風呂上がりなどに行うのがおすすめです。

 

ストレッチ

 

脚痩せに効果が期待できるストレッチを紹介します。

 

・内ももストレッチ

 

1.立った状態から腰を落とし、腰を浮かせたまま右脚に体重をかける
2.左脚を伸ばす
3.内ももの筋肉をきちんと伸ばしながらヒップの高さを変える(1分間続ける)
4.今度は左に重心を置く
5.右脚も同様に伸ばし、ヒップの高さを変えつつ内ももをストレッチ(1分間続ける)

 

内ももの筋肉が伸びているのを意識しながら、しっかりとストレッチを行いましょう。

 

・股関節ストレッチ

 

1. 床に両ひざ・両ひじをついて四つん這いになる
2.左脚を大きく前に出し、左手の外側に置く。すねは床と垂直になるようにする

3.右足を後方に伸ばし、両手を床に付く
4.息を吐きつつ両手を前に進め、股関節の伸びを意識する
5.さらに両手を前に進めて床にひじをつき、両手を組んで頭を下げる
6.10秒ほどキープしたら、元の姿勢に戻る
7.右側も同様に行う

 

正しいフォームでしっかりとストレッチを行いましょう。

 

エクササイズ

 

脚痩せにおすすめの筋肉に負荷をかけるエクササイズです。

 

・足パカエクササイズ

 

1.仰向けになる
2.両脚を揃えて天井に向けて上げる
3.脚を開いて閉じるを繰り返す
4.1セット10回を目安に3セット行う

 

脚の開閉をするだけのシンプルな動きですが、太ももの引き締めに効果が期待できます。

 

・骨盤閉じエクササイズ

 

1.仰向けになり両ひざを立てる
2.骨盤の出っ張っている部分に親指で触れる
3.膣と肛門を締めるようにいしきする
4.1セット15回を目安に3セット行う

 

骨盤周りの筋肉に刺激を与えることができます。

 

運動

 

脚についた脂肪を燃焼させるために有酸素運動を行いましょう。ウォーキングや水泳、マラソンなどいろんな方法がありますが、自分が無理なくできるものを選ぶようにおすすめします。

 

1回につき30分以上行うのがおすすめで、頻度は1週間に3回程度が目安です。

 
 

1週間で脚痩せしたいなら!日常生活でできること

 

1週間で脚痩せを目指すなら、運動以外のことにも取り組みましょう。脚を細くするために日常生活でできることを紹介します。

 

レギンス

 

脚痩せに良いとされるレギンスを着用すると、加圧をして脚を引き締めることができます。むくみ防止にもなるので、むくみやすい人には特におすすめです。

 

日中用のもの、夜寝るときに着用するものなどいろんなタイプがあるので、好みのものを選んでみましょう。

 

食生活

 

いくら運動をしても、太りやすい食生活を送っていると脚が細くなることはないでしょう。

 

食べ過ぎや高カロリーの食事が習慣となっているなら食生活を見直すことが大事です。脚痩せのためには低カロリーの食事を心がけるとともに、タンパク質をしっかりと摂るように心がけましょう。タンパク質は代謝をサポートするので、脚痩せのためには摂りたい栄養素です。

 

また、むくみ予防のために塩分やアルコールを控えましょう。アルコールはむくみの原因になるだけでなく食欲を増加させるので、脚痩せのためには摂取しないことをおすすめします。

 

姿勢

 

脚痩せを目指すなら、正しい姿勢を心がけることも大事です。猫背や反り腰などの悪い姿勢は血液やリンパの流れを悪くするため、むくみの原因となります。

 

座るときに脚を組んだり、片脚に重心をかけて立ったりするのがクセになっていると、それもむくみにつながるので注意しましょう。

 

睡眠

 

睡眠不足もむくみの原因となります。睡眠が十分にとれないと、心臓の働きが低下するため血液やリンパの流れが悪くなるからです。

 

脚痩せのためには、睡眠の量だけでなく質にも注目したいところです。睡眠時間は十分でも眠りが浅い、夜中に何度も目が覚めるといったようだと、やはりむくみにつながります。ぐっすりと眠れるような睡眠環境を整えて、質の良い睡眠を目指しましょう。

 

ここまでで1週間での脚痩せを目指すための方法を紹介しました。運動や日常生活に気をつけることで、徐々に変化がみられてくるでしょう。

 

このような自分での努力に加えて、エステに通うのもひとつの手です。プロの技術によって脚の脂肪やむくみにアプローチするため、1週間での脚痩せを目指せますよ。

 
 

まとめ

 

脚痩せが成功すると、スカートやホットパンツなどでの脚見せに自信がもてるようになりますし、ファッションの楽しみも増えます。今まで挑戦できなかったファッションにもチャレンジできるようになるかもしれません。1週間での脚痩せメニューを実践して、ぜひ理想の美脚を手に入れてください。

 

RELATED POSTS 関連記事