世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

痩せたい人がやりがちな「食べないダイエット」っていいの?

2019.11.28

ダイエット

とにかく痩せたい!と思うけれど、思うように痩せられないという方のために「食べないダイエット」について解説いたします。本当に痩せるのか?身体に危険などの負担はないのか?など健康的にきれいに痩せるために知っておきたい知識も踏まえてご紹介します。

この記事は約4分53秒で読み終わります。

 

痩せたいから食べない!食べなきゃ痩せるのは事実だけど

 

太るのは食べ過ぎてしまっているから、痩せるために食べない!というのは女性のみならず誰でもが思うことでしょう。身体に入ってくるものがなければ、太りようもないというのは事実かも知れません。しかし食べないダイエットの裏に潜んでいる本当の危険性をご存知でしょうか?

 

後悔しないためにも、食べないダイエットの危険性と逆に比較的効果がある別のダイエットについてご紹介します。

 

食べないダイエットの危険性

 

誰でも一度は経験があるのが「食べないダイエット」でしょう。

 

食べないダイエットの危険性は実は痩せたい!という効果と裏腹に太りやすい身体になることです。食べていないのに太るの?と思われるかもしれませんが、食べないことは身体に飢餓状態を作り出すことであり、危険に感じた脳が栄養を逆に溜めこみやすくするという側面があります。さらに身体は重くてだるい状態が続きがちです。

 

痩せるためには基礎代謝をアップすることが欠かせません。その代謝をアップさせるのは他でもない筋肉です。しかし食べないと筋肉を作るための栄養素が入ってこないので、逆に筋肉量は落ちてしまい、痩せられないというスパイラルに陥ります。

 

それだけではなく、栄養が不足することからお肌の状態も悪くなります。しわやたるみ、くすみなどが目立ち見た目年齢をアップさせてしまいます。さらに、脳に送られるはずの糖分が不足するので、ボーっとする、判断力が鈍るということにもなりかねないという危険性があるのです。

 

〇〇制限ダイエットは期待がもてる

 

食べないダイエットを避けるとなると、○○制限ダイエットはどうなのでしょうか?

 

良く耳にする「糖質制限」は血糖値やコレステロール値が高めな人には比較的効果があります。糖質は太る原因になるというのにも一論はあります。たとえば清涼飲料水などには想像以上に多くの糖分が入っており、ダイエットの妨げとなります。

 

しかし糖質は人間が摂取すべき三大栄養素の1つであり、取りすぎるのはNGですが、必要な栄養素でもあります。

 

そこで糖質制限するために、低インシュリンダイエットなどをするよりも、間食の量や内容、時間帯を見直すことをおすすめします。

 

たとえば、糖分を取るのを夕食後にするのではなく、比較的に代謝が良くこれからエネルギーが必要となる朝に取るようにしましょう。

 
 

痩せたいから食べる!ダイエットの味方食材を知ろう!

 

痩せたいけれど食べながら痩せられたらという方のために、ダイエットの味方となる食材を知っておきましょう。そうすることで食事の質を変えることは痩せたい人に大変重要です。

 

痩せたいのに食べちゃう!そんなあなたの味方食材

 

まずは野菜です。食物繊維が豊富な上に、身体の中からきれいになり痩せやすい身体作りに役立ちますので、お肉などの前にお腹に入れるようにしましょう。

 

ブロッコリーは脂肪燃焼効果、セロリ・アスパラ・キャベツなどは代謝アップ効果があります。それ以外にも玉ねぎやほうれん草・トマトなども脂肪の吸収を妨げ、燃焼させるサポートをしてくれますよ。

 

果物には、酵素やビタミン、ミネラルが豊富であるため、脂肪燃焼を助けてくれます。朝に食べると金といわれるように、朝にしっかり取ることをおすすめします。

 

痩せるには筋肉を作る必要がありタンパク質も重要です。大豆は代謝アップ、脂肪燃焼効果もあります。

 

カロリーが高めのナッツですがアーモンドは脂肪燃焼をする効果もあります。1日25粒までと決めて取り過ぎないように摂取しましょう。

 

これ以外にも身体を温めてくれる生姜などを取り入れるなど、脂肪を燃えやすくすることを心がけることが大切です。

 

痩せたい人が飲むと代謝が上がる飲み物

 

何気なく取っている飲み物にも代謝がアップしやすいものがあります。また空腹感を感じた時などに、温かい飲み物をお腹に入れると満たされた気分を味わうことが可能です。

 

特におすすめなのが血液をサラサラにしてくれる白湯です。それ以外にもハーブティーや豆乳、甘酒なども代謝アップを促してくれます。ハーブティーは身体を温めてくれ、リラックス効果もあります。甘いものが欲しくなった時は豆乳であれば低カロリーなので安心です。

 

コーヒーな紅茶などカフェインが多い飲み物は胃を傷めるので、飲み過ぎには注意して下さい。

 
 

どうしても痩せたい人が取り組んでほしいダイエット策

 

とにかくなんとしてでも痩せたい!という方に取り組んでほしいダイエット策を3つご紹介します。

 

栄養を考えて食事メニューを心がける

 

食事を取ったあとなのにお腹がすいている、満たされないといったことありませんか?これは不足している栄養素がある証拠です。それを補うために、空腹感が出ている可能性が高いのです。

 

ただ何が不足しているかをご自身で判断するのは難しいものです。そんな時は、バランスのとれた食材が入っているお弁当等を食べると腹もちを保つことができます。

 

自分では意識していなくても、外食ばかりだと栄養素は偏ります。同じ外食でも単品ではなく定食にするなど、バランスを意識しましょう。

 

満腹感を長く満たすためには、お米を玄米などに変えるのもおすすめです。腹もちが良くなり、お通じもスムーズになるので痩せやすい身体になります。

 

当たり前のことですが早食いではなくしっかりと時間をかけて噛んで食べましょう。満腹感を早く味わうことができるので食べ過ぎを防ぐことができ、ダイエットには大切ですよ。

 

どうしても食べたくなったらスポーツする

 

食後しばらく経つと、徐々に血糖値が急激に下がり始めます。そうなると脳はお腹がすいたと勘違いをしてしまいます。3食しっかりと食べているにも関わらず、まだ食べたいと感じた時におすすめなのが身体を動かすことです。

 

ちょっとウォーキングをするといった程度の運動で構いません。歩くことで血糖値の上昇を避ける効果もあります。激しい筋トレなどをするのは効率的ではないので軽い運動にとどめておきましょう。

 

スポーツは心理的な健康に効果があるとされています。運動の後の爽快感は自己肯定力をアップさせ、ダイエットの際に感じがちなストレスや不安を軽減する効果もあります。依存をコントロールする効果もあるため、おやつが食べたい・甘いものが欲しいと言った時にも効果的です。

 

プロの力を借りる

 

自分でやれるところまで頑張ったら、後はプロの力を借りるとより効率よく痩せることができます。エステティックミス・パリのトリプルバーンZは先進の痩身法であり、自分ではアプローチしづらいセルライトにアプローチしてくれます。脂肪がつきやすいお腹や太もも、たるみがちな二の腕など女性が痩せたいと願う部分を網羅しています。

 

皮下脂肪にもしっかりはたらくミリオンウェーブや、寝ているだけでエネルギー消費するファットバーンなど確実に痩せるための方法が揃っているので安心です。

 

またご自身がしているダイエット方法が正しいのかどうかなどのアドバイスなどもしてもらうことで、より効率的に痩せられるのが嬉しい限りです。

 
 

まとめ

 

痩せたいから食べないというダイエットはもう卒業し、バランスのよい食事を意識すること、身体にうれしい痩せやすい食べ物や飲み物を取り入れながら健康で効果的なダイエットを目指しましょう。もっと確実に痩せたい!という時はプロの力も借りることで、目標値に達成することができるでしょう。

 

RELATED POSTS 関連記事