世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

へこんだピーマン尻になってない?あなたのお尻の形を診断しよう

2020.03.19

綺麗

お尻の形は人によって違いますが、理想的な形はピーチのような丸みのあるお尻といわれています。垂れ尻やピーマン尻といったガッカリお尻とはサヨナラして、理想の形にするためにはどうしたら良いのでしょうか?
今回は、お尻にはどんな形があるのか、また理想的な形に近づけるためには何をすれば良いのか、といった点について解説します。自分のお尻はどのタイプなのか診断して、形の良いヒップを目指しましょう。

この記事は約4分8秒で読み終わります。

 

あなたのお尻の形はどんなお尻 ?

 

お尻の形には、いろんなタイプがあります。

 

理想の形を目指すためには、まずは自分のお尻がどのタイプなのか知っておくようにしましょう。そうすることで、どのように改善していけば良いのかを知る手がかりが得られるからです。

 

まずは、お尻の形のタイプについてご紹介していきますので、あなたのお尻はどのタイプなのかチェックしてみてください。

 

平尻

 

日本人で一番多いのが平尻。お尻に厚みがなく、のっぺりとした印象を与えるヒップです。

 

メリハリのないヒップラインなので、パンツを履いてもストンとしており、セクシーさに欠けています。

 

垂れ尻

 

加齢や運動不足、出産などによってたるんだお尻です。お尻の筋肉量が落ちたり、お尻に上半身の負荷がかかったりすることで、お尻が重力に逆らえずに下垂してしまっているものです。

 

脂肪はあまりないので、お尻にボリュームはなく、貧相な印象になります。

 

丸尻

 

自然な丸みを帯びているお尻。ピーチ尻とよばれている理想的な形です。お尻にハリと厚みがあり、セクシーなヒップラインになります。

 

このお尻だとパンツも水着も決まりますし、ドレスの後ろ姿も素敵です。

 

四角尻

 

筋肉と脂肪が腰まわりからヒップの下まで、がっちりと付いているお尻です。お尻が丸みを帯びているというよりは、四角の形に近いことから、四角尻と呼ばれています。

 

出産や筋力の低下、姿勢の悪さなどで、骨盤が開きぎみの人に多くみられる形です。

 

ピーマン尻

 

加齢による老化からピーマンのような形になったお尻。ヒップの上が角張っているのは四角尻と同じですが、ヒップ下全体に脂肪がつき、垂れ下がっているのが特徴です。

 
 

お尻の形が悪くなる原因と習慣

 

平尻、垂れ尻、四角尻、ピーマン尻など、お尻の形が悪くなってしまう原因として、日々の習慣が上げられます。

 

お尻の形を悪くする原因を挙げていきますので、当てはまる点がないかチェックしてみてください。

 

脚を組む癖をもつ

 

脚を組むと、太ももの内側の筋肉である内転筋が弱くなります。そのため、お尻がのびて骨盤が歪みます。結果として、お尻がどんどん垂れてしまうのです。

 

脚を組むのが癖になっているなら、それが残念なお尻を作っている原因なのかもしれません。

 

内股に歩く癖をもつ

 

内股で歩いているときは、股関節や膝が内向きにねじれた状態です。この状態が続くと、骨盤が横に広がって、お尻がどんどんと大きくなります。

 

お尻に上手く力が入らないので、徐々にお尻の筋肉が衰え、結果としてお尻が台形に垂れてしまうことも少なくありません。

 

さらに、内股だと股関節にある血管やリンパ節が圧迫されるので、血液やリンパの流れが悪くなります。そのため、足の冷えやむくみが発生して、下半身が太りやすくなるというデメリットもあります。

 

片方に重心をかけて立つ癖をもつ

 

脚の片方に重心をかけて立つ癖がありますか?

 

片方に重心をかけると、片側のお尻と脚にのみ負荷がかかるため、左右の筋力バランスが悪くなります。結果として、お尻の形が崩れてしまうのです。

 

お尻の形を良い状態でキープするためには、両脚に均等に重心をかけるようにしてください。 同じ方向で横向きに寝る癖をもつ

 

寝るときの姿勢が、お尻の形を悪くする原因となることもあります。

 

いつも同じ方向で横向きに寝る癖があるなら、お尻の形が歪んで、左右の高さが変わってしまうということになりかねません。

 

また、横向きで寝ると、反り腰になるため骨盤が歪んで、お尻が突き出た形になりやすいものです。

 

お尻のためには、仰向けで寝るように心がけましょう。

 
 

お尻の形をピーチ尻に近づけるには ?

 

お尻の形をピーチ尻に近づけるためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

残念なお尻から理想のお尻になるためには、次のことを実践してみましょう。

 

運動をする

 

丸みがあって、垂れていないお尻になるためには、お尻の筋肉をしっかりと鍛える必要があります。

 

垂れたり、お尻が大きくなってしまったりするのは、お尻の筋肉が十分に発達していないのが原因です。筋肉を鍛えて、あるべき位置に筋肉がつくようにすれば、キレイな丸みを帯びた上向きヒップになることでしょう。

 

厚みのない、のっぺりとした平尻も、お尻に筋肉をつけてあげることで解消できます。お尻の筋肉は大きい筋肉からできているので、しっかりと鍛えれば、筋肉がつきやすいのが特徴です。

 

ヒップアップに効くエクササイズを頑張って、理想のピーチ尻をゲットしましょう。

 

誤った習慣を改善する

 

お尻の形を悪くする習慣をやっているなら、改善するように努力してください。

 

立っているときに片方に重心をかけるのが癖になっているなら、両脚に重心をかけるようにしましょう。できるだけ、身体の内側に重心をかけるようにするのがおすすめです。

 

猫背は骨盤を歪めるだけでなく、垂れ尻の原因になるので、正しい姿勢を意識するようにします。

 

このようにして、ヒップアップの運動を行うとともに誤った習慣を改善するようにするなら、徐々に形の良いお尻に近づくことができることでしょう。 お尻の形をよくしたいなら<ミスパリのエステがおすすめ!

 

「確実にお尻の形を良くしたい」「短期間でヒップアップを実現したい」という方は、プロの手を借りるのがおすすめです。

 

ミス・パリでは、お尻の形にコンプレックスを持つ方のために、『プラチナヒップコース』をご用意しています。

 

プラチナヒップコースでは、エステのハンドトリートメントと、プロのパーソナルトレーナーによる運動によって、お尻の形の悩みを解消するためのサポートを行います。

 

プロのエステティシャンのハンドトリートメントによって、たるんだお尻を撃退。お尻のラインが気になるといった悩みにもアプローチします。

 

また、皮下脂肪やセルライト対策のためのマシンによる施術も行っていますので、お尻が大きい、凸凹が気になるといった方でも安心です。

 

パーソナルトレーニングでは、美尻・美脚のプラチナボディスタイリストが、マンツーマンでトレーニングをサポートします。お尻の筋肉について熟知したトレーナーによるトレーニングなので、効率良くお尻の筋肉を鍛えることができるんですよ。

 

キュッと引き締まった上向きのお尻を目指したいという方の願いを、短期間で叶えることができるのが『プラチナヒップコース』です。

 

お尻にコンプレックスがある方は、お気軽にご相談ください。
https://www.diet-center.jp/diet/platinumhip/?utm_source=article&utm_medium=foot

 
 

まとめ

 

平尻や垂れ尻、四角尻、ピーマン尻など、理想の形とはいえないお尻でも、努力次第で理想のお尻に近づくことは可能です。まずは自分のお尻がどのタイプに当たるか診断し、その形から抜け出すように努力してみましょう。

 

お尻の形を改善するのに効果的なのは、ヒップアップのエクササイズを行うこと。運動によってお尻に筋肉を鍛えれば、徐々に理想のピーチ尻に近づくことができるはずです。

 

また、形良いお尻のためには、誤った習慣を改善することも忘れないようにしましょう。こちらに挙げたような習慣があるなら、改善するように意識してみてください。

 

ミスパリのプラチナヒップコースは、あらゆるお尻のコンプレックスを解消し、理想のお尻に近づくためのコースです。プロの施術と指導の元にヒップアップに取り組んでいくことができますから、ぜひお試しください。

 

RELATED POSTS 関連記事