世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

あなたに似合うタイトスカートが見つかる!タイトスカートコーデ

2019.09.01

女性

大人っぽい雰囲気が演出できるタイトスカート。カジュアルにもフォーマルにも演出できるタイトスカートは、いくつか持っていたいものですよね。でも、タイトスカートの選び方を間違えると、おばさんっぽくなってしまったり、野暮ったくなったりするものです。

そこで今回は、あなたに似合うタイトスカートを選ぶための方法、コーディネートの仕方をご紹介します。タイトスカートのワンパターンコーデから抜け出したいという人も、必見です!

この記事は約4分55秒で読み終わります。

タイトスカート コーデの魅力

 
 

スカートには、フレアスカートやプリーツスカート、Aラインスカートなど、いろんなタイプのものがあります。そんな中でも、タイトスカートには他のタイプのスカートにない魅力があります。

 

タイトスカートコーデの魅力をみていきましょう。

 

アイテム次第で何通りものコーデに

 

タイトスカートの魅力は、トップスや靴、アクセサリーやバッグなどのアイテム次第で何通りものコーデができるという点にあります。

 

・女性らしく上品に仕上げたいとき

 

タイトスカートを白や淡いカラーのシンプルなブラウスと組み合わせると、女性らしく上品に仕上げることができます。

 

黒や紺のシンプルなデザインのタイトスカートなら、ガーリーな雰囲気のレースのブラウスと合わせるというのもありです。フレアスカートだとガーリー感満載のイメージになりますが、タイトスカートならきれいめコーデになりますよ。

 

・カジュアルに仕上げたいとき

 

デニムやコーデュロイ素材のタイトスカートを、コットンシャツやVネックのカーディガンなどで合わせると、カジュアルコーデに。足元は、スニーカーやカジュアルなサンダルと合わせるのがおすすめです。

 

・スポーティーに仕上げたいとき

 

スポーティーに仕上げたいなら、スウェット素材のタイトスカートを選びましょう。Tシャツやトレーナーと合わせて、足元はソックス+スニーカーで決めるのが定番です。

 
 

タイトスカートの素材

 

タイトスカートは、タイトスカートの素材次第で「きれいめコーデ」にも「カジュアルコーデ」にもなります。

 

きれいめコーデにしたい場合は、レースや柄物のタイトスカートを選びましょう。レースのタイトスカートは、トップスもレースで合わせると甘い印象になります。トップスをシンプルなデザインでコーディネートすると、大人っぽい雰囲気に。

 

柄物は、ボーダーやストライプ、チェック、花柄など、様々な柄のものがあるので、なりたい雰囲気を決めて、コーディネートすると良いでしょう。

 

タイトスカートでカジュアルに決めたい場合は、チノやデニム、スウェットなどの素材のものを選ぶのがおすすめです。その場合は、トートバッグやスポーティータイプのショルダーバッグに、スニーカーなどを合わせてみましょう。

 

タイトスカートの選び方

 
 

タイトスカートは、自分の体型に合わせたものを選ぶと、より素敵に着こなせるようになります。お腹周りが気になる人お尻が気になる人身長の低さが気になる人、それぞれの悩みに合わせたタイトスカートの選び方をみていきましょう。

 

タイトスカートの選び方を変えるだけで、今までの印象とグッと違った着こなしができるようになるはずです!

 

お腹周りが気になる人向け

 

タイトスカートのデザインによっては、ぽっこりお腹が目立ってしまうこともあります。とくに、お腹周りがピッタリしたものを選んでしまうと、お腹が目立ちます。

 

タイトスカートを選ぶ際は、試着してみてお腹周りに余裕があるタイプのものを選ぶようにしましょう。生地が薄いものだと、お腹のラインが気になることもあるので、厚手の生地のものを選ぶ方がお腹は目立ちにくくなります。

 

また、デザインにこだわって、視線ができるだけお腹にいかないようにするのもおすすめです。スリットを上手く活用して、視線をお腹から逸らせましょう

 

縦のラインを意識してコーディネートをするのも、お腹周りをすっきりと見せるコツです。巻きスカートタイプのタイトスカートだと、縦のラインが入るので、着痩せ効果が期待できます。

 

お尻が気になる人向け 

 

お尻が大きい、もしくはお尻がペタンコといったコンプレックスを抱えている人は、できればお尻が目立たないようにしたいものですよね。

 

意外に思うかもしれませんが、タイトスカートはお尻にボリュームがある人によく似合います。ウエストがキュッと引き締まっていて、お尻部分にボリュームがある人がタイトスカートを履くと、女性らしい雰囲気になりますよ。

 

お尻にまるみが無い人は、子どもっぽくならないようにピッタリとしたサイズ感のものを選ぶのがおすすめです。ストレッチ素材で、少しきつめのタイトスカートを選ぶと良いでしょう。

 

どうしてもお尻が気になる場合は、ロング丈のカーディガンで隠してしまうのもありです。

 

身長の低さが気になる人向け

 

身長が低い人は、膝丈やミニ丈を選ぶと、コーディネートがしやすいのでおすすめです。身長が高くない人が、フレアスカートやプリーツスカートを選ぶと、子どもっぽくなってしまいますが、タイトスカートだと大人っぽい雰囲気も演出できます。

 

ロングのタイトスカートに挑戦したい場合は、ヒールを合わせることでバランスを取ることができますよ。深めにスリットが入ったものを選ぶと、抜け感が出るので足元が重たい雰囲気になるのを避けられます。

 
 

タイトスカート コーディネート 

 
 

自分の体形や好みに合うタイトスカートを手に入れたなら、早速コーディネートしてみましょう。基本コーデとカジュアルコーデの例をご紹介しますので、コーディネートのヒントにしてくださいね。

 

タイトスカートの基本コーデ  

 

タイトスカートのコーディネートの基本は、きれいめで上品らしさ漂う大人コーデです。オフィスにもピッタリなので、基本コーデをマスターして、オフィスにも着用してみてください。

 

オフィスにおすすめのタイトスカートの丈としては、ひざ丈~ロング丈までありますが、今はロング丈が人気です。オフィスに着用する場合は、できるだけシンプルなデザインのものを選びましょう。

 

合わせるトップスは、紺や黒などのシンプルなタイトスカートであれば、ガーリーなレース素材のものでも素敵です。下半身がすっきりとする分、ボリュームのあるパフスリーブのトップスとコーディネートすると、女性らしい雰囲気になりますよ。

 

タイトスカートをスタイル良く着こなすためには、シルエットにもこだわりたいものです。ゆったりとしたトップスや、オーバーサイズのシャツをインして合わせると、メリハリの効いたシルエットになります。ロング丈のタイトスカートには、ブーティを合わせると、バランスが良くgoodです。

 

タイトスカート カジュアルコーデ

 

タイトスカートは素材にこだわると、コーデに幅がでます。タイトスカートをカジュアルに着こなしたいなら、デニムやスウェット、コーデュロイなどの素材のものを選ぶと良いでしょう。

 

また、ボタンやポケット付きのもの、チェック柄のものを選ぶと、カジュアルな雰囲気がでます。

 

春夏に合わせるトップスは、ミントカラーなど爽やかな色合いのものがおすすめです。ミントカラーのトップスに、白のタイトスカートを合わせると、涼しげな印象に仕上がります。

 

カジュアルコーデは、スニーカーを合わせてラフに着こなすことができるので、遊園地などたくさん歩く日のデートにもおすすめです。遊園地デートといったらパンツが定番になっているなら、タイトスカートでカジュアルコーデをすると、新鮮で彼にも褒めてもらえるかも。

 
 

まとめ

 

コーディネート次第で、きれいめにもカジュアルにも演出できるタイトスカート。ぜひ、自分の体型に合うものを選んで、いろんなコーディネートを楽しみましょう。ワンパターンコーデから抜け出して、コーデの幅が広がれば、よりオシャレを楽しめるようになりますよ!

RELATED POSTS 関連記事