世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

友達もびっくり!垢抜けた新しいわたしに出会う方法

2019.08.29

女磨き

オシャレな人と自分を比べてなんとなくうつむいてしまったり、同じようにメイクや服装を真似してみたいけど何から手を付ければいいのかわからないなんてこと、ありますよね。
誰だって初めからおしゃれなわけではありません。見た目だけでなく、中身も含めて「垢抜ける」ためにはどうすればいいのでしょうか。

この記事は約4分50秒で読み終わります。

 

垢抜けるとは?

 

垢抜けるとは、「野暮ったさがない」「洗練された」という意味です。なんとなくイメージは分かっていても、具体的にどうすれば「垢抜ける」のかまでは分かりませんよね。

 

まずは「垢抜けていない」女性の特徴を見ていきましょう。

 

垢抜けていない女性の特徴~内面編 ~

 

垢抜けるという言葉の持つ意味は、姿かたちのものだけではなく中身も関係してきます。いくら見た目をオシャレに着飾っていても、精神的に未熟で行動や言葉遣いが幼ければ子どもっぽく見えてしまいます。

 

たとえば静かなレストランで大きな声を出してはしゃいだり、目上の人に対して敬語が使えていなかったり。

 

そういった女性はいくつであっても「子どもみたいだな」と思われ、垢抜けたイメージとは程遠くなってしまいます。

 

また、男性に不慣れな場合も同様。大きく年の離れた男性なら普通に話せるのに、恋愛対象になりそうな同年代の男性だと意識しすぎてもじもじしてしまったり恥ずかしくてうまく話せない場合も垢抜けていない印象を与えます。

 

これまであまり異性と接する機会がなかったからこそどう話せばいいのかわからない場合が多いと思いますので、いきなり二人きりで話すというよりは、友達を誘ってグループで過ごすことで少しずつコミュニケーションの取り方が分かるようになってきます。

 

垢抜けていない女性の特徴~外見編 ~

 

見た目では地味・メイクをしないといった特徴があげられます。
中身を変えるのには時間がかかりますが、見た目は簡単に変えることができます。

 

具体例として、垢抜けた!と言われる女性芸能人をみてみましょう。

 

まず、垢抜けた代表格といえば石原さとみさん。彼女は元々コンプレックスであったたらこ唇を目立たせないよう意識していたのですが、逆にその唇をぷっくりと魅力的に見せるメイクに変えたことで一気に垢抜けました。

 

もちろん唇だけでなく眉毛の形や色、ファッションも気を遣っており、いつの間にかテレビや雑誌で見ない日はないほど大スターへと昇り詰めました。

 

二人目はガッキーこと新垣結衣さん。お菓子のCMで一気にブレイクした彼女ですが、ブレイク前の写真を見るとメイクが今よりも濃い印象。

 


元の顔立ちを生かしたナチュラルメイクにし、つり眉がちだった眉毛をやや下がり気味にし、ふんわりとした雰囲気にすることで洗練された美人へと変わりました。

 

また能年玲奈さんも垢抜けたといわれる芸能人の一人。幼い顔立ちでどこかあどけなさの残る彼女ですが、バッサリとショートカットにしたことで透明感のある美少女に。

 

メイクはほぼしていないイメージですが、そのナチュラルさが彼女にはピッタリなのでしょう。

 
 

手っ取り早く垢抜ける方法は?

 

手っ取り早く垢抜けるには、まずは見た目を変えてしまいましょう。
見た目を変えることで自信もつき、中身はあとから追いついてきますよ。

 

1. メイクを研究する

 

まずはメイク。好きなモデルさんや女優さんの写真を見たり、初心者向けのメイク動画などを参考にするのもいいでしょう。

 

経済的に余裕があるならコスメカウンターで一式揃えてしまうのもいいですが、慣れないうちはドラッグストアなどで販売されているプチプラコスメで十分です。

 

メイクに慣れている友達に使い方を教えてもらったり、百貨店などの化粧品売り場で店員さんに自分の顔に似合う色を教えてもらうのも上達への近道です。

 

特に百貨店やドラッグストアでは流行りの商品が目立つところに置いてありますので、見て周るだけでもなんとなく今の季節にあったメイク道具やアイシャドウの色などが分かります。

 

また、メイクで一番重要といっても過言ではないのが眉。石原さとみさんの昔の写真と今を比べるとよくわかりますが、眉の太さ・色が違います。

 

昔はおそらく形を整えるだけで眉マスカラなども使っていなかったようですが、今の眉を見るとスッキリと細いラインで、髪色に合わせて眉の色も変わっています。

 

眉をいじるとかなり顔の印象が変わりますので、初めての場合はプロに任せるか、市販の眉プレートなどを使うのがおすすめです。

 

2. 髪色・髪型を変える

 

メイクがばっちりでも、髪が痛んでいたりボサボサだととても垢抜けたとは言えません。髪の色を少し明るくするだけでも垢抜ける印象に。どんな色がいいのかよくわからない場合は、可愛いなと思う髪色の写真を美容師さんに見せて相談してみましょう。

 

あまり明るいとブリーチが必要になって髪を痛めてしまいますので、「ツヤを出して垢抜けたイメージにしたいです!」と思い切って言ってしまうのもアリ。

 

また、前髪も大きく印象が変わります。これまでパッツンだった人は少し横に流すようにセットしてみたり、伸ばしてワンレンにしてみたり。自分のなりたいイメージに合わせて髪型を変えるといいでしょう。

 

あまり切りたくない、という方はヘアアレンジがおすすめ。ショートでも毛先をコテで軽く内巻きにすれば上品な印象になりますし、ストレートロングの場合はコテでカールさせたり、ハーフアップにしたりすればガラリとイメージは変わります。

 

3. 標準体型に痩せる

 

髪型やメイクを変えても、ぽっちゃり体型で着たい服が似合わない・・・なんてこともありますよね。

 

モデルさんのように細くなる必要はありませんが、標準体型に近づけるのはメリットがたくさん。痩せて標準体型になれば選べる服の幅も増えます。そして太っていたころよりも健康になるため、お肌にもツヤが出てキレイになります。

 

しかし、無理に食事制限をしたり急に激しいダイエットをすれば、胸から痩せてしまったり、リバウンドしてしまう可能性も。栄養不足になり、肌もカサカサになるので、急激に痩せるのは控えましょう。

 

4. ファッション選び

 

メイク、髪型、体型とくればあとはファッション。まず、親が選んだ服を着ているという方は思い切ってやめてみましょう。雑誌を見て自分の好きな系統の服を研究してみたり、実際に店舗に行って試着するのもいいでしょう。

 

また友達と一緒に行ってコーディネートを見立ててもらうのもアリ。これまでと違ったテイストの服装に挑戦してみると、意外としっくりきてイメージが変わるかもしれませんよ。

 

自分が思うよりも友達はあなたに似合うものをよく知っています。

 

もちろん、迷ったときは店員さんに服の組み合わせを聞いてみるのもいいでしょう。人に聞くのが億劫という方は、一度マネキン買いしてみるのも良いでしょう。なんでも一度挑戦してみるのが良いのでいいと思ったものは着てみましょう。

 
 

まとめ

 

メイクやファッションなどすべてに言えることですが、まずはやってみることが大事です。何度でも失敗していいんです。初めてやったことがいきなり成功するほうが稀ですので、気にせず何度もチャレンジしましょう。頑張ったけどこれ以上は無理だ!と思ったらプロに相談しましょう。

 

見た目が垢抜けると、気持ちに自信がついて自然と背筋が伸びます。
頑張ってキレイになった見た目に追いつこうと、中身も垢抜けていきます。
見た目も中身も理想のキレイに近づくために、まずはできることから始めてみてくださいね。

 

RELATED POSTS 関連記事