世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

憧れのすっぴん美人になるには?誰でも目指すことができる!

2021.01.21

女磨き

肌が綺麗でナチュラルメイクが似合うような、すっぴん美人にあこがれをもつ人は多いのではないでしょうか。

化粧を濃くする必要がなく、そのままでも美しく感じるようなすっぴんを手に入れるために努力している方もいるでしょう。

この記事では、すっぴん美人の定義や条件に加え、すっぴん美人になるために行うべき習慣やケアの方法について紹介します。

この記事は約4分8秒で読み終わります。

 

すっぴん美人とは

 

そもそもすっぴん美人とは、どのような人のことを指すのでしょうか。

 

一般的に、すっぴんは化粧をしていない状態のことです。つまり、すっぴん美人は「化粧をしていなくても綺麗で美人な人」を指します。

 

ありのままでも美しいため、メイクをしたときとしていないときの差がほとんどないのも特徴のひとつです。

 

メイクをするとき、毛穴やシミなどを隠して肌を綺麗に見せることが一般的ですが、すっぴん美人はその必要がありません。

 

そのため、すっぴん美人は毛穴やシミがなく、美しい肌をもつ人だといえるのではないでしょうか。

 
 

すっぴん美人の条件

 

すっぴん美人になるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。とくに、肌の状態が良いことは欠かせない条件のひとつです。

 

ここからは、どのような肌がすっぴん美人の条件を満たすのか、肌状態の良さを見極める基準について紹介します。

 

肌のキメが細かい

 

肌のキメが細かい人は、すっぴんでもメイクをしているときのような美しい肌をしています。

 

そのため、すっぴん美人を目指すのであれば、キメの細かい肌であることは必須条件のひとつです。キメの細かい絹のような綺麗な肌が望ましいでしょう。

 

肌のキメとは肌の上にある細かな凹凸のことです。

 

肌のキメが整っているとスキンケアが浸透しやすく、化粧ノリが良くなるのも特徴です。

 

肌のキメが細かい人は肌チェックなどで拡大して見たとき、細かな三角形が網目状に張り巡らされた状態になっています。

 

すっぴんでも綺麗な肌を手に入れるには、肌のキメを整えることを意識してみましょう。

 

シミやニキビ跡がない

 

シミやニキビ跡がなく、透き通った肌感であることもすっぴん美人の条件として挙げられます。

 

シミやくすみ、ニキビ跡は肌のトーンが暗い印象になり、あるだけで老けた印象になってしまうためです。

 

また、ニキビ跡のないつるんとした肌の方が、すっぴんでも綺麗に見えます。

 

ニキビ跡は色素沈着だけでなくクレーター跡のようになることもあり、肌触りが悪くなる原因のひとつです。

 

すっぴん美人を目指すのであれば、ニキビやシミの予防やケアも重要になるといえるでしょう。

 

うるおいがある

 

肌にうるおいがあることも、すっぴん美人を目指すうえで欠かせません。

 

肌の水分量が減少するとカサカサした肌になり、キメが崩れる原因になります。化粧ノリも悪くなるため、顔立ちが整っていてもカサカサした肌では魅力が減少してしまうでしょう。

 

肌にうるおいがあると、さまざまな肌トラブルの発生を抑制できるうえに、透き通った印象になります。

 

すっぴん美人になるうえで、肌にうるおいがあることは重要な条件のひとつといえるのではないでしょうか。

 

血色が良い

 

すっぴんで肌が綺麗でも、血色が良くなければ暗い印象にうつる可能性があります。

 

メイクをする際にはチークやルージュ、アイカラーなどで色味を足して血色が良いイメージに仕上げることができるでしょう。

 

しかし、すっぴん美人はメイクをしていなくても血色が良く見えるような、健康的な印象を与えられる状態が理想的です。

 

また、目元のクマも血色が悪く見える要因になるため、しっかりケアしておきましょう。

 
 

すっぴん美人になるためには

 

すっぴん美人の理想となる肌の条件がわかっていても、どのようにしてケアを行えば良いかわからない人もいるのではないでしょうか。

 

ここからは、すっぴん美人を目指すうえで習慣づけておきたい、適切なケア方法や生活習慣の改善ポイントについて紹介します。

 

メイクをしっかり落とす

 

すっぴん美人になるためにはスキンケアが重要になりますが、スキンケアの効果を引き出すためにも適切にメイクを落とすことが欠かせません。

 

毎日メイクをしっかりと落とし、汚れの蓄積による肌トラブルを防ぐことが大切です。

 

クレンジングにはオイル・クリーム・ジェル・リキッドなどさまざまな種類があるので、自分の肌に合うものを選びましょう。

 

また、洗顔をする際には手を洗い、手についている汚れや雑菌が肌に付着しないようにすることも重要です。

 

洗い流すときはぬるま湯を意識し、熱いお湯で肌に必要な油分まで落としてしまわないように注意してください。

 

正しいスキンケア

 

すっぴん美人を目指すのであれば、正しいスキンケアを行う必要があります。ときどきではなく、毎日朝晩のケアを継続することが大切です。

 

とくに、保湿は肌の透明感を向上させ、さまざまな肌トラブルを予防することにつながるので、しっかりと行いましょう。

 

スキンケアを行う際に、血行を良くするためにマッサージを行うのもおすすめです。ただし、マッサージを行うとき、肌をゴシゴシ擦らないように注意してください。

 

肌を擦るとキメが崩れ、肌にダメージを与えて敏感肌の原因になることもあります。

 

マッサージを行う際は、乳液やクリームをつけて滑らかに滑らせるようにすると、摩擦を軽減できるでしょう。

 

また、お風呂に入りながらマッサージを行えば、お風呂の温度と蒸気でさらに血行が良くなります。

 

UV対策

 

すっぴん美人の条件として挙げたシミなどがない肌を目指すのであれば、UV対策が欠かせません。

 

また、紫外線はシミだけでなくニキビやシワの原因にもなるので、UV対策はこまめに行いましょう。

 

UV対策を「夏の暑い時期には意識している」という方は、できる限り年中行うことをおすすめします。

 

夏に強いのはシミのもととなる紫外線B波ですが、シワやたるみのもととなる紫外線A波は春先にとくに強くなります。

 

どちらの紫外線も年中浴びているため毎日UV対策を行い、とくに強くなる春先から夏ごろはこまめに日焼け止めなどを塗り直すようにしましょう。

 

また、紫外線は窓から差し込むので、UV対策は屋内にいる場合でも行うことが大切です。

 

健康な生活を

 

すっぴん美人を目指す場合、健康的な生活を意識することも重要なポイントのひとつです。

 

良質な睡眠を取ること、食生活を見直して栄養バランスの良い食事を摂ることを意識しましょう。

 

とくに、食事は健康な肌細胞をつくることにつながるほか、皮脂の分泌量などにも影響します。

 

油分の多い料理を控え、肉・魚・豆類などのたんぱく質やフルーツ・野菜などビタミンの豊富な食材を積極的に摂ると良いでしょう。

 

また、適度に運動を行い、入浴時に湯船にしっかりと浸かるなど、血行を良くすることも健康的な肌づくりに役立ちます。

 

生活習慣を見直し、普段からスキンケアをしっかりと行うことが習慣化できたら、エステに通うのも良いでしょう。

 

肌トラブルに対してピンポイントでケアが受けられるほか、肌の悩みに対するアドバイスももらうことができます。

 

毎日のスキンケアにプラスしてプロの手を借りるのも、すっぴん美人を目指すうえで役立つのではないでしょうか。

 
 

まとめ

 

すっぴん美人は、毎日の努力によって叶えられるものです。

 

スキンケアを重視することも大切ですが、睡眠や食事などの生活習慣が乱れていると、スキンケアの効果が減少する可能性があります。

 

そのため、健康的な生活習慣を意識することとスキンケアを毎日丁寧に行うことの両方を意識し、時間をかけて肌質を改善していかなければなりません。

 

モチベーションを維持することが難しい場合は、エステに行ってプロのアドバイスを受けるなど継続できるような工夫が重要になります。

 

RELATED POSTS 関連記事