世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

中年太りは基礎代謝の低下が原因!太らない女性の特徴と解消法

2022.01.21

ダイエット

一定の年齢になると、気になるのが中年太りです。20代のころは痩せていても、中年と呼ばれる年齢になるとおなかが出てきたり、お尻が垂れ下がったりしはじめます。とはいえ、なかには中年太りにならず、若いころの体型をキープしている人もいます。
中年太りは努力で防ぐことができるのでしょうか。
今回は、中年太りをしない人の特徴や解消のための方法などについて紹介します。

この記事は約4分6秒で読み終わります。

中年太りは基礎代謝量の低下が主な原因!

 

中年太りの主な原因は、基礎代謝量の低下です。基礎代謝量が低下するとどうなってしまうのでしょうか。

 

そもそも基礎代謝とは?

 

基礎代謝とは、人が生きていくのに最低限必要とされるエネルギーのことです。活動していないときでも、体温を維持したり呼吸をしたりするのに、このエネルギーが使われています。

 

一日で消費するエネルギー量の割合として、身体活動で消費するエネルギー量は全体の30%、基礎代謝で消費しているエネルギー量は60%といわれています。

 

消費エネルギーの大半を占める基礎代謝量が減ってしまうと、消費エネルギー自体が減るので、太りやすくなるのです。

 

基礎代謝が低下するとどうなる?

 

基礎代謝は10代後半~20代をピークに、徐々に下がりはじめます。若いころと食事量や運動量が変わっていなくても、基礎代謝量の低下によって消費エネルギーが落ちると、体重の増加につながります。

 

基礎代謝量が低下する原因として挙げられるのが、筋肉量の低下です。筋肉は体を支える働きをもっているため、筋肉量が多いとその分エネルギーも消費しやすくなります。

 

逆に、筋肉量が低下するとその分消費エネルギーも減ってしまい、太る原因となるのです。

 
 

ココが違う!中年太りしない人の特徴

 

年齢を重ねていても中年太りしない人もいます。

 

中年太りしない人にはどのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

 

【食事内容の特徴】中年太りしない人の食生活

 

中年太りしない人の食生活のポイントは、以下のとおりです。

 

■糖質・脂質を抑えている

 

中年太りしない人は、糖質や脂質の摂取を控えている人が多いです。糖質は血糖値が上がりやすく、上がった血糖値を下げるために「インスリン」というホルモンが分泌されます。インスリンは糖を脂肪に変えてしまうため、分泌されすぎると太る原因になるでしょう。

 

また、脂質も脂肪に変わりやすい栄養素であるため、スナック菓子やスイーツ、脂っこいものやお酒を控えるようにしています。

 

飲み会などで糖質や脂質を摂りすぎたときは、翌日の食事で調整するよう心がけている人もいます。

 

このように糖質や脂質と上手に付き合うことで、中年太りを防げるでしょう。

 

■腸内環境を整える食生活をしている

 

偏った食生活をしていると、消化吸収がうまくいかず脂肪が蓄積されやすくなります。そのため、腸内環境を整えることが大事です。

 

中年太りしない人は、普段の食生活で食物繊維や乳酸菌を多く摂っています。また、腸内環境を整えると、肌トラブルなども予防する効果が期待できるため、積極的に腸内環境を整える食材を取り入れましょう。

 

【生活習慣の特徴】中年太りしない人がやっていること

 

中年太りしない人は、食生活以外の生活にもいくつかの特徴があります。中年太りしない人はどのような生活を送っているのでしょうか。

 

■ 適度な運動をしている

 

基礎代謝量の低下が中年太りを招くので、適度な運動をすれば中年太りを予防することができます。

 

運動すると代謝が上がり、カロリーを消費しやすい体になります。特別な運動習慣がなくても、頻繁な外出や徒歩での移動、家事をすることも太りにくさにつながるため、こまめに体を動かすように意識すると良いでしょう。

 

■体型・体重のチェックを怠らない

 

中年太りしない人は、毎日の体重チェックを怠りません。「まだ自分は大丈夫」という気持ちが中年太りへの対策を遅らせる原因になるため、自分の体の状態を確認することが大切です。

 

体型・体重をチェックすることで、自分自身を客観的に見ることができるため、中年太りを防ぐことができます。

 

■お風呂に入るとき浴槽に浸かる

 

中年太りしない人は、お風呂にしっかり入ります。湯船に浸かることで、血液やリンパの流れが良くなり、老廃物の排出やむくみの解消、新陳代謝も向上につながります。

 

そうすると基礎代謝量も上がるので、太りにくい体をつくることができるでしょう。

 

十分な睡眠時間をとる

 

30代~40代の女性の中には、仕事や子育てなどで忙しく、寝不足になっている人もいるでしょう。

 

寝不足になるとホルモンバランスが乱れ、「グレリン」と呼ばれる食欲を促進するホルモンが分泌されます。また、睡眠中に分泌される、脂肪を分解する成長ホルモンも減少してしまうのです。

 

中年太りしない女性は、睡眠を1日7~8時間とっています。忙しいときでもしっかり睡眠をとるようにしましょう。

 

■食事以外でストレス発散する

 

中年太りしない女性は、食事以外でストレスを発散しています。仕事などでストレスがたまると、暴飲暴食につながる人も多く、それが癖になってカロリー過多を繰り返し、どんどん太ってしまうのです。

 

食事以外の趣味をもっていると、食事への関心に向かなくなるため、過食を防げます。趣味に打ち込むことでストレス発散になるため、体型を維持しやすくなるでしょう。

 
 

中年太りを解消する方法

 
 

中年太りは、努力すれば解消することができます。中年太りを解消しないまま放置してしまうと、生活習慣病のリスク

 

ここでは、中年太りの解消法について紹介します。

 

バランスの良い食事をとる

 

まずは食生活を見直すにあたり、1日三食きちんと食べることをおすすめします。

 

仕事や育児に忙しいと、つい食事を抜きがちにしてしまう方もいるでしょう。しかし、食事を抜いてしまうとエネルギーが不足してしまい、それを補うため筋肉を分解してエネルギーに変えようとします。

 

特に朝食は、活動するのに欠かせない

 

栄養バランスとしては、たんぱく質をしっかり摂るのが大切です。たんぱく質には、成長ホルモンの分泌を活性化させる働きをもっています。

 

ただ、一度にたくさん摂ると脂肪として蓄積されてしまうため、注意が必要です。毎食1品ずつ取り入れるなど、回数を分けて摂りましょう。

 

また、脂質は控えめにするのがベターです。まったく摂らないのも良くないので、魚やナッツなど良質な油を積極的に摂り、揚げ物などを控えるようにしましょう。

 

さらに、炭水化物は食物繊維と一緒に摂ると太りにくいため、食物繊維が豊富な玄米や大麦、ライ麦パン、全粒粉パスタを主食にするのがおすすめです。これらの食材は血糖値の急激な上昇を抑えるはたらきもあります。

 

日常的にできる範囲の運動をする

 

わざわざ運動する時間を取るのは、仕事や育児で忙しい人には難しいことなのではないでしょうか。運動を始める際、ランニングやウォーキング、ジムに行くことを考えますが、それだけではありません。

 

以下のように、日常生活で簡単に取り入れられるものも運動になるので、ぜひ取り入れてみましょう。

 

・スクワットなどの家でできる簡単な筋トレを週3回行う
・エレベーターやエスカレーターよりも階段を使う
・1駅分歩く

 

ちょっとした運動を積み重ねることで、中年太りの解消につながります。

 

「仕事に追われて運動をする気力がない…」という方は、エステもおすすめです。エステならダイエットに詳しい専門家から、食生活や運動のアドバイスを受けられるので、挫折することなく、ダイエットのモチベーションを保つことができるでしょう。

 
 

まとめ

 

年齢を重ねるとどうしても代謝が落ちてしまうので、太りやすくなってきます。中年太りを防ぐには、毎日栄養バランスのとれた食生活をとったり、運動する習慣をつけたりすることが大切です。

 

「太ってしまったけれど、自力でダイエットするのは難しい…」という方は、エステを利用するのもおすすめです。

RELATED POSTS 関連記事