世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリの記事ブログ

細身の女性の特徴と細身になるための方法3選

2020.09.17

ダイエット

細身の女性はどんな服もきれいに着こなせて、魅力的なオーラをまとっていて素敵ですよね。

細身の女性でいることの良い点はそれだけではありません。細身の女性を好む男性は多く、モテやすいこともメリットであるといえるでしょう。

そこで今回は、細身の女性の特徴と、細身になるための方法を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事は約4分8秒で読み終わります。

 

細身の女性の特徴

 

それでは、細身の女性の代表的な特徴を見ていきましょう。細身、といってもただ細くて痩せているだけではNGです。なぜなら、ガリガリに痩せてしまっていると不健康そうに見えるからです。不健康そうに見える人に対して魅力を感じる人は少ないですよね。

 

細身の女性は、引き締まっている部分があるため魅力的に見えるのです。それでは、細身の女性の特徴を、肩・二の腕、お腹周り、足の3つの面から見ていきましょう。

 

肩や二の腕が華奢

 

細身の女性の特徴として、肩や二の腕周りが華奢であることが挙げられます。肩や二の腕が華奢だと細く見られやすい傾向にあります。

 

夏服は特に二の腕が出るようなものも多いため、周りからよく見られているといっても過言ではないでしょう。冬場であっても、体のラインがぴったり出るような服であれば二の腕周りも強調されます。そのため、二の腕周りや肩のシルエットは周りから最も見られている部分なのです。

 

この部分が華奢で細いと、細身の女性として周りから認識される確率は高くなるでしょう。二の腕周りが細いと洋服選びも楽しくなりますし、若見えもするため、一石二鳥であるといえますね。

 

二の腕周りは年齢を重ねるごとに脂肪がつきやすい部分であるため、日々のマッサージやストレッチを欠かさず行いましょう。

 

くびれがある

 

次に注目したいのが「くびれ」です。お腹周りに脂肪がついているとだらしなく見える原因にもなるため、しっかりと引き締めておきましょう。

 

ウエストにくびれができていてメリハリのある体は魅力的に見えます。締まるべきところが締まっていると細身に見えるだけでなく、健康的にも見えるため、くびれを作るメリットは多いといえるでしょう。

 

くびれを作りたいからといってただ脂肪を落とせば良いのかといえば、そういうことではありません。健康的にくびれを作るためには、日々の筋トレが欠かせません。筋トレを続けていくことによって綺麗なくびれを作ることができます。

 

健康的なくびれの作り方については次項以降で紹介していますので、ぜひそちらも確認してみてくださいね。

 

足が長くて綺麗なライン

 

足が長く、綺麗なラインを形成していることも細身の女性の特徴です。足が長いと体のバランスも良く見え、スタイルも良く見えます。

 

足のラインがきれいだと、デニムやスキニー、ミニスカートも映えて美しいですよね。

 

両足のくるぶしを付けて立ち、太ももの間に隙間ができる状態最も美しい足のシルエットだといわれています。O脚やX脚などは足のシルエットが曲がって見えるため、正しい姿勢を保ちながら足のラインを整えるよう努力しましょう。

 

普段のマッサージなどを欠かさず行うことで足の綺麗なラインを保つことが可能です。

 
 

細身の女性になるための方法3つ

 

それでは次に、細身の女性になるための方法を3つ紹介していきます。
簡単に挑戦できるものを中心に紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

マッサージをする

 

細身の女性になるために効果的なのが「マッサージ」です。今回は二の腕痩せ、足痩せに効くマッサージを紹介していきます。マッサージはエクササイズとも相性が良いため、気になる方はそちらもぜひ調べてみてくださいね。

 

マッサージのやり方を紹介する前に、まずはマッサージをやる上での注意点やコツを確認しておきましょう。

 

マッサージをやる上での注意点は以下の3つです。
・あまり強くやりすぎない
・体調不良の際は行わない
・食後は避ける

 

マッサージをするにあたって、ある程度強い力はもちろん必要になります。しかし、あまり強くやりすぎてしまうと内出血を引き起こす可能性があるため気を付けましょう。

 

また、体調不良の際は無理をしてマッサージをしないようにして、休むのがベストです。かえって症状が悪化することも考えられますので、体調が回復してからマッサージを行うようにしましょう。

 

食後は全身の血液が消化器官系に集まり、体が消化活動を活発に行います。そこでマッサージをすると、全身の血流が良くなり、消化器官に集まっていた血液が減ってしまいます。そうなることで、消化不良や胃もたれになってしまうのです。

 

消化吸収が妨げられてしまうため、食後すぐのマッサージは避けましょう。食後2~3時間程度空けるのが望ましいとされています。

 

次に、マッサージをする上でのコツをご紹介します。
・クリームやオイルなどを使う
・お風呂あがりに行う

 

オイルやクリームを使うことで滑りを良くし、摩擦ダメージを少なくする効果があるといわれています。

 

入浴後は体も温まり、血液の流れやリンパの流れも良くなっている状態です。体のむくみが取れやすく、老廃物も流れやすい状況にあるため、マッサージはお風呂あがりに行うのが効果的であるとされています。

 

それではマッサージのやり方について解説していきましょう。

 

■二の腕痩せマッサージ

 

1:手首から脇の下に向かって腕の内側を揉みこむ
2:腕の外側も同様に行う
3:二の腕の肉を揉む
4:肘から脇の下にかけてリンパを流す
5:脇の下も揉みこむ

 

■ふくらはぎ痩せマッサージ

 

1:足の甲を伸ばす
2:足首を回す
3:膝の裏のリンパ節をゆっくりさする
4:握りこぶしを作り、くるぶしのあたりをさする
5:ふくらはぎを掴み、膝裏へリンパを流すように押す
6:反対の足も同様に行う

 

筋トレをする

 

細身の女性になるためには体を引き締める必要があります。筋トレを効果的に行うことで引き締まった体のラインを作っていきましょう。

 

今回紹介するのは「ツイストクランチ」です。ツイストクランチはくびれ作りに効果的とされていますのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

■ツイストクランチ

 

1:寝ころんだ状態で右足の膝を90度になるように上げ、固定する
2:左手を頭の後ろで固定する
3:体をひねるようにして起こし、肘と膝を合わせるようにする
4:手足を逆にして繰り返す

 

20回を3セット行うようにしましょう。少ない階数から少しずつ慣らしていくのもポイントです。

 

また、筋トレをやる上でひとつ気を付けておきたいのが、「毎日筋トレをしないこと」です。

 

筋トレは行っていくことで、筋肉に負荷(ダメージ)がかかります。その後、体がそれを回復していくことで筋肉は育つのです。

 

その回復には48~72時間程度かかるといわれており、その途中に筋トレで負荷をかけてしまうと、前日の筋トレで行った効果が薄れてしまいます。

 

そのため、筋トレを行った次の日は筋トレをせずに、筋肉の回復を促しましょう。

 

エステに通う

 

自分1人で体を引き締めることに限界を感じてきたら、専門家の力を頼りましょう。エステに通うのもひとつの手段ですよ。

 

エステに通うことでむくみが取れてすっきりしたり、引き締まった体になりやすくなったりします。

 

また、気持ちのリフレッシュにもなり、もう少し頑張ってみようと思えるかもしれません。

 

エステによっても様々なコースがあるため、自分に合ったものを選択するようにしましょう。

 
 

まとめ

 

細身の女性に見られる特徴と、細身の女性になるための方法を紹介してきました。一朝一夕で細身の女性にはなれません。たゆまぬ努力が必要だということが分かりましたね。

 

今回紹介した方法をぜひ試してみてください。自分自身で、マッサージや筋トレを行うことで少しずつ体に変化が表れてくるはずですよ。

 

自分の力だけではどうにもならないという場合はエステの使用も検討してみてくださいね。

 

RELATED POSTS 関連記事